『佐倉綾音の伝え方』声優・佐倉さんコミュニケーション論が深い!

サブカル
スポンサーリンク

どうも、タナシンです(・∀・)ノ

面白い記事を見つけてしまったので、今日もちょっと雑記を書かせていただきます。
その記事がこちら

『佐倉綾音の伝え方』優しい声のコミュニケーション論

『佐倉綾音の伝え方』優しい声のコミュニケーション論 | アニメイトタイムズ
【アニメイトタイムズ】『ラジオを聴きながら、「この人が伝えようとしている言葉を、私だったらどのように優しく伝えられるか」「この人が優しく優しく発信していることを、私だったらどのように踏み込んだ形で皆さんにお届けできるか」と考えるんです。』役者として数多くのキャラクター...

アニメイトタイムズで紹介されている4ページにも及ぶ記事です。
この記事は佐倉さんが総務省のワイドFM周知広報Web動画に出演したことを受けて実施されたインタビュー記事のようです。
この記事で紹介されている佐倉さんのコミュニケーション論が面白かったので紹介します!

「ワイドFM周知広報強化期間」とは

「ワイドFM周知広報強化期間」は総務省が実施しているFM補完中継局の整備支援のための取り組みです。

私は専門家でもなんでもないので、詳細は総務省のHPを見てください。

総務省|「ワイドFM広報強化期間」の実施
 総務省では、難聴対策や災害対策を目的として、民間ラジオ放送事業者が実施するFM補完放送(ワイドFM)のためのFM補完中継局の整備を支援しています。  今般、「ワイドFM全国展開へ!」をキャッチフレーズに、本年2月25日(火)から3月31日(火)までを「ワイドFM広報強化期間」として、周知広報を強化します。

このブログで大切なことは、この取り組みのイメージキャラクタ?に佐倉綾音さんが採用されているということです!

ちなみに、佐倉さんが総務省の取り組みに参画するのは今回が初めてではありません。
昨年の同じ時期にも同様に総務省の動画に出演していました。
昨年は全5部に渡る壮大な動画が公開されていました。
すでに公開が終わっているようで、見ることはできませんが、昨年もアニメイトタイムズで記事が書かれていますので、興味のある方は御覧ください。

佐倉綾音が総務省Web動画「ともだちラジオ」に出演! | アニメイトタイムズ
【アニメイトタイムズ】総務省が2019年3月を「ラジオ広報強化月間~BESIDE YOU - ともだちラジオ~」と称して行うラジオ周知広報において、声優の佐倉綾音さんが「ともだちラジオ」をテーマとしたWeb動画(全5話)に出演!これまで「ラジオ好き」を公言されてきた佐倉さん。ラジオ普及...
『佐倉綾音とラジオ』優しい未来のメディア論 | アニメイトタイムズ
【アニメイトタイムズ】『本当にどうでもいい、終わった頃には全て忘れてもいい内容だけど、絶対に人を傷つけることなく、正論を誰にでもわかる優しい言葉で伝えながら、みんなで「コミュニケーションって、いいよね」って、説教くさくなく再確認できるラジオがあったら、とってもいいなと...

ワイドFM周知広報動画「~ワイドFM全国展開へ!~」

昨年同様、ワイドFMの周知担当となった佐倉さんですが、その動画が以下です。
まずは15秒のCMバージョンから

ワイドFM周知広報動画「~ワイドFM全国展開へ!~」(15秒)
ワイドFM周知広報動画「~ワイドFM全国展開へ!~」(15秒)

そして、フルバージョンはその1とその2があります。

ワイドFM周知広報動画「~ワイドFM全国展開へ!~」(その1)
ワイドFM周知広報動画「~ワイドFM全国展開へ!~」(その1)
ワイドFM周知広報動画「~ワイドFM全国展開へ!~」(その2)
ワイドFM周知広報動画「~ワイドFM全国展開へ!~」(その2)

アナウンサーっぽい喋りをする、珍しい佐倉さんを見ることができます 笑

ですが、単にアナウンサーっぽく話すだけではなく、佐倉さんらしさも交えたコミカルな内容になっています。
これはファンなら必見ですね!

ちなみに私はメガネフェチなので、この佐倉さんはすごく好きです。
大好きと言っても過言ではないです。

サイコーや!

「『佐倉綾音の伝え方』優しい声のコミュニケーション論」記事

記事の内容

記事の章立ては以下のようになっています。

  • 佐倉綾音のプロフィール
  • 初対面の人とのコミュニケーション
  • 声の仕事と音の種類
  • ナレーションにおける表現と声の響き
  • 生き方と喋り方
  • 自分のためだけじゃなく、誰かの幸せのために生きてほしい

「初対面の人とのコミュケーション」では、今回初共演となる事務所の後輩声優・緒方佑奈さんについて触れながら、初対面の人との接し方について話しています。

「声の仕事と音の種類」では、佐倉さんが昨年初めて朗読劇を演じたことや、ミュージックステーションのナレーションを担当していることを交えて、仕事の種類による声の違いについて触れています。

「ナレーションにおける表現と声の響き」では、声優業とナレーター業の差について、佐倉さんなりの考えを伝えています。
また、素人の声についても言及しています。

「生き方と喋り方」では、ふとした喋り方に生き方が出るのではないかという佐倉さんの意見を展開しています。
また、最近の若者言葉含め、言葉の変化についても、佐倉さんなりの考えを述べております。

「自分のためだけじゃなく、誰かの幸せのために生きてほしい」では、佐倉さんの生き方について述べられています。
佐倉さんは「声優やアニメの地位の向上と発展」を考えながらお仕事をしているようで、それを踏まえて仕事内でのコミュケーションについて持論を展開しています。

以上が記事の内容です。

記事の感想

この記事は佐倉綾音さんの仕事観を伝えている記事だと思います。

普段ラジオなどではコミュ障を自称するときもある佐倉さんですが、私はこれはちょっと違うような気がしています。
佐倉さんは誰よりもコミュニケーションについてしっかり考えていて、大切にしているのだと思います。
それ故に、考えに考え抜いたコミュニケーションをするため、言葉がうまく出ないときもあったのではないでしょうか。
実際にラジオなどを聞いてみても、一つ一つの発言に気を使っているというか、丁寧に発しているように感じます。
もちろん、ノリで発していることもありますけどね 笑

ですが、初対面の後輩声優に対してどう接するべきか、状況に応じてどう声を出すべきか、発する声は生き方が影響するのではないかという点に考慮して言葉を紡ぐ人は多くないと思います。
いや、もしかしたら声優さんには多いのかもしれませんが、少なくとも一般人では少数派だと思います。
私はこの佐倉さんの考えに非常に共感できます。
とっさに出る言葉は普段の生活で使っている言葉が出るでしょうし、同じ言葉でも言い方で伝わり方は全然変わると思っています。
ですので、私も伝え方というのはとても気をつけています
ボイトレに通って勉強する程度には 笑

そんなわけで、佐倉さんの思いが知れ、その思いが自分が非常に共感できるものであることがわかった本記事は、私にとってとても貴重な出会いでした。

そういう理由で、ぜひブログ記事にしたいと思った次第です!

まとめ

いかがだったでしょうか?

佐倉さんが総務省の動画に出ている件は、Webラジオ「佐倉としたい大西」でも述べられていましたので、知っている方は多いと思います。
ですが、その仕事の裏にある佐倉さんの考えを知る機会はなかなかないと思います。
その内容を伝えてくれるこの記事はとても貴重だと思います!

皆さんも是非読んでみてくださいね!

もちろん、ワイドFM周知広報動画の方も見てくださいね!
いつもと違う佐倉さんが見られると思います。

いつもと違う佐倉さん

それでは、今回はこのへんで!
では、また次回(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

コメント