【Apple Watch SE】今更買ったからレビューするよ【iPhone12mini連携】

ガジェット
スポンサーリンク

どうも、タナシンです(・∀・)ノ

本日紹介するのはこちら

Apple Watch SE

今更感半端ないですが、先日レビューしたように、私はiPhone12miniを購入しました。

それまではAndoroidスマホをメインに使っていたため、もちろんApple Watchは持っておらず、安いスマートバンドやスマートウォッチしか試したことがありませんでした。
しかし、せっかくiPhoneを購入したのだから、Apple Watchも試してみたい!と思い、今回Appleの最新廉価版スマートウォッチApple Watch SEを購入しました。
パチもんとはいえいくつかのスマートウォッチを試してきた私が、Apple Watch SEの使い勝手を含めレビューしていきたいと思います!

パッケージ開封

なにはともあれ、まずはパッケージを見ていきます。

こちらは裏から開ける仕様になっています。
このパッケージは1枚の紙から出来ているという点で、とても良くできています。

パッケージ開封

パッケージの中には更に2つの箱が入っています。
1つがApple Watch SE本体もう一つがバンドです。
私は今回、本体はGPSモデル40mmのスペースグレイ、バンドはソロループのキプロスグリーンを購入しました。
ぶっちゃけ、本体の色にはこだわりがなく、ただバンドだけは緑にすると決めていたので、キプロスグリーンにもっとも合いそうな本体色にしました。

スペースグレイアルミニウムケースとソロループ
高度計を内蔵したApple Watch SEスペースグレイアルミニウムケース(GPSモデル)を見る。オンラインで購入すると送料無料でお届けします。

続けて開封します。
本体側は以下のようになっています。

本体中身

左上のちっこいのがApple Watch SE本体です。
そのとなりが充電器となっています。

邪魔なものを外すと、本体は以下のような感じです。

Apple Watch SE本体

さすがの質感という感じですね。
スペースグレイも良い色で、どんな色のバンドにも無難に合いそうな感じがします。

充電器は以下のようになっています。

充電器

こちらの充電器はUSB TYPE-A入力です。
USB-Cが良かったなぁと思いますが……
充電の際は先端の丸い方をApple Watch SE本体の背面にくっつけて無線充電します。
本体とは磁石でガッチリくっつくので、ずれて充電失敗になることはありません。

次にバンドを見ていきます。

バンドパッケージ開封

今回チョイスしたバンドは、ソロループという新モデルのバンドです。
切れ目がなく、Apple Watch SE本体につけると輪っかのような状態になるバンドです。
伸縮性が高いシリコンバンドなので、装着時は引っ張って広げて腕を通すことでつけます。
取り出して裏表を見てみると以下のようになっています。

こちらのバンドは、伸縮性があるとはいえ、ある程度腕の大きさに合ったサイズを選ぶ必要があります。
手首の図り方はAppleの公式HPにあるので、購入時に計測することをおすすめします。
私は計測の結果、「6」というサイズが合いそうだったので、それを購入しています。
バンド内側にある「⑥」という数字はサイズを表しています。

ってな感じで、以上が開封の様子でした!

セットアップ

開封が終わりましたので、セットアップしていきます。
ここで注意なのですが、Apple Watch SEはiPhoneがないとセットアップできません
なにを当たり前のことを言っているんだと思われた方もいるかもしれませんが、一般的なスマートバンドやスマートウォッチは、Android/iOS問わずセットアップができます。
それどころか、タブレットとも連携してセットアップができます。
ですが、Apple WatchはiPhoneとしか連携できず、Android端末はもちろん、iPadですら連携できません
私は始めiPhoneが出る前にApple Watch SEを検討しましたが、これが理由で一旦購入をやめました。
あ、私はiPad Pro11(2020)を持っています。こちらはレビューしていないので、いつかどこかでちょろっと紹介しますね。

なにはともあれ、まずはセットアップのためにApple Watch SEの電源を入れていきます。

電源ON

すると、iPhoneを近づけるように言われます。

iPhoneを近づける

すると設定開始されます。

設定開始

すると、iPhone側でApple Watch SEに表示されたモヤモヤを読み取るように指示されます。

読み取り指示

読み取りを正確にできれば、ペアリング完了です。

ペアリング完了

簡単ですね!
後は、細かい初期設定を行います。
画面に従って以下のような設定をお好みで付けていきます。

最後の同期完了画面までいけば、セットアップ完了です!
後はバンドを付けて完成です。

Apple Watch SE

使い心地

このApple Watch SE、なんだかんだですでに2週間ほど活用していますので、その所感をお伝えしたいと思います。
まずはっきりいうと

かなり良い!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

です。
やはりそれなりのお値段するだけあって、筐体の質感は良いですし、機能も十分です。
手元で各種SNSのメッセージが確認できるのはもちろん、脈拍は歩数の計測、座りっぱなしの警告、ワークアウトの計測などなど、いろいろできます。
私は睡眠計測のアプリを入れることで、夜中の睡眠状態の計測もしています。
これも良いところです。

あ、Apple Watch SEは標準でも多くの機能やアプリがありますが、追加でアプリをインストールすることができます。
Apple Watchから直接App Storeを使う方法と、iPhone経由で入れる方法があります。
これにより、機能拡張ができることころも良い点です。
私は睡眠計測アプリの他に、体組成計と連携するアプリやタスク管理アプリなど、手元で確認できると便利なものを追加しています。
このあたりはまた、別途紹介しますね。

そして、何より一番良いと思った点は、ソロループです!
私としては自分でも1番意外であり、でも今回1番良いと思った点です。
何が良いって、つけてて邪魔に感じることがまったくない!という点です。
使い始めは少し締め付けられるような間隔がありますが、しばらくすると馴染んできます。
夜寝ているときも邪魔にならず、つけっぱなしで寝て、睡眠計測するのがとても楽です。

また、PC作業のときに圧倒的に楽になりました。
時計を普段からつけている方ならおわかりいただけると思うのですが、手首に時計があるとノートPCなどでタイピングする際、時計のバンドがPC本体にあたって邪魔になります。
PCも傷つきますし、正直不便です。
私はその際、時計を外して作業するのですが、外すという手間がかかってしまうのと、いちいちつけ直すという手間も出てきます。
しかも、仮に作業中に時計を外してしまったら、座りっぱなしの警告機能があっても役に立ちません
ですが、ソロループはそういった煩わしさから開放してくれるので、本当に体の一部としてつけておけます。

まぁ、それだけ常につけているので、充電のタイミングは要注意です。
寝ているときもつけっぱなしだといつ充電するんだ?と思うかと思いますが、私はたいてい入浴のタイミングに充電をしています。
入浴前に充電開始し、満充電にする感じです。
そこからは丸一日中つけています。
Apple Watch SE自体は、丸一日つけていても充電は問題ないです。
公称ですと18時間くらいの稼働だった気がしますが、私の使い方ですと丸一日でも電池残量50%を下回りません
2日間くらい保ちそうです。
ヘビィに使うと違うのかもしれませんが、基本時計や計測器として利用する分には、今の充電のサイクルでなんとかなりそうです。

あと、もしかしたらこの記事を読んでいる人はApple Watch Series6と迷っているという人もいると思います。
血中酸素濃度を測れるという点よりは、画面の常時点灯機能が気になって迷っている人が多いと思います。
ここについて私見を述べますと、常時点灯だけが気になるならApple Watch SEでよいと思います。
常時点灯で便利なのは、大きな腕の動きなしで時間が確認できるとかだと思います。
ですが、Apple Watch SEもタイピング中にちょっと本体を傾けるだけで画面点灯されますので、時間が見えなくて困るということはほとんどあります。
また、一昔前ですと、満員電車の中で腕を動かす隙間もない状態で時間を見たいという場合は、腕を振るなんて無理!ということがあったと思います。
ただ、今のご時世ですと、そこまでの満員電車に乗ることはほとんどないと思いますので、あまり大きな問題にならないと思います。
実際私も、満員電車で通っていたときはスマートウォッチの表示に煩わしさを感じていましたが、今のご時世+Apple Watch SEの機能であれば全く問題ない状態です。

そんなわけで、iPhone持っている方にはApple Watch SEおすすめです!
もちろん、ソロループで! 笑

まとめ

いかがだったでしょうか?

ぶっちゃけ、Apple Watch SEというか、スマートウォッチ自体にあまり期待していなかったので、今回は予想以上の満足度に自分で驚いています。
今まで試してたスマートウォッチは、やっぱり安物だったんだなぁと 笑
さすがAppleといったところでしょうか。

それに、ソロループという新しいバンドの使い勝手も意外でした。
シリコンの輪っかになるだけのバンドなので、使い勝手も品質も実はあまり期待しておらず、別途サードパーティのバンドを購入していたくらいです 笑
ですが、完全に今はソロループ一本で生活しています。
それくらい付け心地が良い!って感じです。
購入する際の採寸が面倒くさいですが、正確に合うものを手に入れるためなのでしかたないです。
ちなみに、ゆるいのが好きやきついのが好きという好みはあると思いますが、結構しっかり締め付けて測ったサイズをそのまま購入したほうが良いと思います。
ネットで見る限り、ゆるいのを狙って失敗して、購入し直している方もいらっしゃるので。

というわけで、今回は以上!

良いApple Watchライフを!

それでは、今回はこのへんで!
では、また次回(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

コメント