【iPhone12miniレビュー】大きさ比較&Androidからの移行やってみた!

ガジェット
スポンサーリンク

どうも、タナシンです(・∀・)ノ

今回ご紹介するのはこちら

iPhone12mini

です。
もはや何番煎じがわからないレビューだと思います。
私はここ数年Androidスマホを利用してきましたが、大型化されるスマホに辟易していました。
初めてのスマホがiPhone5Sだったということもあり、小さいスマホを探していました。
そしてこの度、iPhoneが数年ぶりに小さいモデルを発売してくれたので、開封レビューと大きさ比較をやっていきたいと思います!

また、スマホのセットアップで疑問になる以下にも答えていきます!

  • Androidスマホからの移行はどれだけ手間がかかるのか?
  • Appleから直接買ったiPhoneは、キャリアのSIMの設定をどうやればよいか?
  • 5G契約していないSIMって使えるの?

と言っても、私はdocomoユーザなので、上記の疑問は主にdocomoについての回答となります。
予めご了承ください。

開封の儀

早速パッケージを見ていきます。

パッケージからしてスマートさが伝わってくる様相ですね。
早速開けていきます。

パッケージ中身

私が購入したのはグリーンです。
緑が大好きなので。
このミントグリーンの色はかなりお気に入りです。
ただ、この色を見えるように使うのはケース選びが難しいという難点があります。

本体の下にはUSB-C to Lightningケーブルが付属しています。

内容物一覧

充電用のACアダプタなどは付属していないので、購入が必要です。

私は持っているので良いですが、MagSafe充電器とか使う人はいくつか口のある電源アダプタを購入することをおすすめします。
MagSafeも電源とはUSB-Cでつながるので、それに専有されると他の機器の充電がしづらくなります。

MagSafeも購入しているので、別記事で紹介したいと思います。

早速本体を取り出すと以下のような感じです。

iPhone12mini本体

フルディスプレイの本体が眩しいですね!
裏面も改めて確認していきます。

本体裏面

裏面は緑一色で綺麗です。
カメラ部分も緑というのが、統一感があって良いですね。
ただ、裏面は非常に光沢が効いた作りになっていますので、指紋は結構残ります
裸で使う人は要注意です。

側面も見ていきましょう。

右側面に電源ボタン、左側面にマナーモードスイッチと音量ボタンとSIMトレイがあります。
側面はいつもながらスマートですね。
ただ、底面を載せていないですが、そちらはスピーカーとLightning端子があります。
イヤホンジャックがないのは、個人的には欠点だと思っています。
私は普段Bluetoothの無線イヤホンを使っていますが、それでもイヤホンの電池が切れたとき用に有線イヤホンジャックは必要と思っているタイプです。

とはいえ、作りはかなり綺麗で、持ちやすさも抜群です!

以上、開封&外観でした。

大きさ比較

ここからはいろんなスマホと大きさ比較をしていきたいと思います。

HUAWEI P30liteの比較

私は普段、HUAWEI P30liteを利用しています。

非常にコスパの良いスマホです。
HUAWEIは近年、Googleのサービス(GMS)が使えなくなってしまったことでゴタゴタしておりますが、このP30lightはGMSが使えなくなる前の機種なので、PlayStoreなども普通に使えます
なので、大画面の廉価スマホを探している人には最適です。
カメラも3眼付いており、申し分ないものです。
私はカメラとコスパの高さでこちらを使い始めましたが、最大の欠点が大きさでした。
多くの人にとって大画面はメリットでしょうが、私のように小さいのが好きな人間には大きすぎる……

というわけで、大きさ比較すると以下のようになります。

左:iPhone12mini 右:P30lite

圧倒的小ささです!
iPhone12miniが5.4インチ、P30liteが6.15インチなので当たり前ですが……

iPhone8との比較

次に、家に転がっていたiPhone8と比較します。

色んな人がiPhoneSE2と比較していますのでそれとほとんど同じくらいの感覚です。

左:iPhone12mini 右:iPhone8

横幅はほとんど一緒です。
縦は圧倒的にiPhone12miniの方が小さいです。
画面サイズはiPhone8が4.7インチなので、iPhone12miniは画面サイズが大きなっているのに筐体は小さくなっているという形です。
と言っても、縦横比が異なるので、閲覧するものによってはiPhone8の方が大きく見えたりすることもあるようです。

Xperia X Compactとの比較

お次は、私がP30liteの前に愛用していたXperia X Compactとの比較です。
こちらはdocomoから発売された4.7インチサイズのXperiaです。

こちらはサイズとしては最高だったのですが、ストレージが16GBしかなく、FGOプレイヤーの私には容量が足りませんでした 笑

大きさは比較すると以下のような感じです。

左:iPhone12mini 右:Xperia X Compact

こちらは驚くほどほとんど同じ大きさです。
正直これには感動しました!
Xperia X Compactは使いやすいと思っているサイズ感だったので、それと一緒というのは個人的に最高です!

iPhone5Sとの比較

最後に、スマホ史上最も取り回しがしやすい大きさと勝手に思っているiPhone5Sとの比較です。
これは私が初めて使ったスマホでもあります。

比較すると以下のような感じです。

左:iPhone12mini 右:iPhone5S

さすがに4インチのiPhone5Sと比較するとiPhone12miniの方が大きいですね。
iPhone5Sのサイズでフルディスプレイにしたら5インチくらいにならないですかね?
このくらいの大きさが最高だと思うのですが……

大きさ比較まとめ

というわけで、登場したスマホをすべて並べてみました。

iPhone5S  Xperia X Compact  iPhone12mini  iPhone8  P30lite

真ん中がiPhone12miniです。
こう見ると、画面サイズと筐体サイズが絶妙なバランスで完成しているのがiPhone12miniであることがわかります。
大きさとしては今発売されているスマホの中では一番良いのではないでしょうか。
少なくとも私はとても気に入ったサイズ感です!

ちなみに、持ったときの比較ですが、iPhone12miniとP30liteを持ったときは以下のような差があります。

iPhone12miniは端から端まで指が届きますが、P30liteは届かないです。
これだけサイズ感に差があります。
やはり持ちやすさはiPhone12miniが圧倒的です!

初期セットアップ

ここからは初期セットアップの話をしようと思います。

初期設定

初期設定は電源をいれれば始まります。
詳細は公式HPにあるので見てみてください。

iPhone、iPad、iPod touch を初期設定する
iPhone、iPad、iPod touch の初期設定方法について説明します。

もしすでにiPhoneやiPadをご利用の場合は、途中でクイックスタートなどを利用すると、既存端末からデータを転送できます

クイックスタートを使って新しい iPhone、iPad、iPod touch にデータを転送する
iPhone、iPad、iPod touch を使って、新しい iOS デバイスを自動的に設定できます。

私はiPadを利用していますが、そちらのアカウント情報などをスムーズに引き継げたので、困ることはないと思います!

Androidからのデータ移行

ここからはAndroidデバイスからのデータ移行を見ていこうと思います。
Appleさんは親切なので、初期セットアップ中に移行元端末を選ぶとセットアップのしかたを教えてくれます。
公式HPにも載っているので、迷わず行けると思います。

Android から iPhone、iPad、iPod touch に移行する
iOS へのお乗り換え準備はできましたか?「iOS に移行」App をダウンロードして、Android 端末から新しい iPhone、iPad、または iPod touch へのお乗り換え時にお役立てください。

簡単にどうやるか説明しますと、Android端末側で「iOSに移行」アプリを導入します。

iOSに移行アプリ

ちなみに、このアプリを入れるタイミングは、iPhoneの初期セットアップ中に指示されますので、それに従えばOKです。

このアプリを起動したら、画面の指示に従って作業します。

すると、早速データ移行が行われます。

データ移行

データ量に依りますが、私は1時間ほどで終わりました。
終了すると完了画面になります。

完了画面

作業はこれだけです!
これでデータ移行完了です。

セットアップ完了

このデータ移行では、電話帳などのデータはもちろん、写真なども移行されます。
カレンダー情報については、私はGoogleカレンダー使っているので、自動連携されました。

docomoのSIMの設定

次にキャリアSIMであるdocomoのSIMの設定をします。

……ごめんなさい、手順ありません!

というのも、docomoのSIMは指したら自動認識されてそのまま使えます
Appleから直接購入したSIMフリー端末の場合、普通にSIMを指して電源を入れるだけで、docomoのSIMが挿入されたことを自動認識し、自動接続してくれます。
iPhone12シリーズは、5G対応していることから、5Gのプランに対応したSIMでないとダメのような情報もありますが、少なくとも私はプランの変更を一切せず、LTE通信までしかできないSIMをそのまま指して問題なく使えました
ですので、docomoユーザの方は心配せずにご利用いただけると思います。

ただし、注意点として、5G通信は5G対応プランに切り替えないと使えないはずです。
一応、iPhone上の設定では、5G通信のONができますが、おそらくつかめないと思います。
ちょっと試していませんが……
ただ、5Gが使えるエリアはまだ少ないですし、無理に使う必要はないと思います。
5Gは要らない!今までのSIMが問題なく使えるならOK!という方は、既存のSIMを使えば良いです。
キャリアに行く手間なしに使えますからね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は時流に乗ってiPhone12miniを紹介しました。
iPhone12miniは筐体の出来はもちろん、サイズ感も最高の端末です。
iPhone8やSE2と同等以下のサイズで、スペックは最新のものなので取り回しは最高ですよね!
カメラは2眼しかないですが、その2つのカメラのスペックは申し分ないものですし。
ただ、カメラについては本当に使えるものか、今後使いながら様子を見ようと思います。

アクセサリ類については、持ちやすさの向上のためにスマホリングをつけようか迷っています
ただ、スマホリングをつけてしまうとMagSafe充電ができなくなってしまうのが玉に瑕です。
持ちやすさを取るか、充電のしやすさを取るか……
ただ、MagSafeは充電に多少時間がかかるので、充電速度と利便性を鑑みたときに使うのを止める可能性もあります。
その辺りは次の記事でちょっと検証してみますので、お楽しみに!

それでは、今回はこのへんで!
では、また次回(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪


コメント

  1. […] 【iPhone12miniレビュー】大きさ比較&Androidからの移行やってみた!今回ご紹介するのはこちらiPhone12miniです。もはや何番煎じがわからないレビューだと思います。私はここ数年Androidスマ […]

  2. […] 【iPhone12miniレビュー】大きさ比較&Androidからの移行やってみた!今回ご紹介するのはこちらiPhone12miniです。もはや何番煎じがわからないレビューだと思います。私はここ数年Androidスマ […]