【朗読劇】『この素晴らしい世界に祝福を! ~紅魔族の矜持の下に!~』感想 好き勝手すぎる朗読劇に抱腹絶倒www

アニメ
スポンサーリンク

「気合だーーーーーーーー!」

どうも、タナシンです(・∀・)ノ

今回紹介するのはこちら

READPIA朗読劇『この素晴らしい世界に祝福を! ~紅魔族の矜持の下に!~』

7/3に実施され、すでに1週間以上経ってしまいました。
アーカイブ期間も終わってしまった本作ですが、今更ながら感想を書いていきます!

それではいってみましょう!

READPIA朗読劇『この素晴らしい世界に祝福を! ~紅魔族の矜持の下に!~』とは

この記事に行き着いている人は、おそらく『この素晴らしい世界に祝福を!』通称『このすば』というラノベ原作のアニメはご承知のことかと思います。
もし知らないよという人は原作読んでみてください。

もしくは、動画配信サービスやBlu-rayでみていただくと良いかと思います。
1期と2期があるので、それなりに時間がかかりますが……

さらにこの『このすば』は劇場版もあります。

そして今回の朗読劇は、この劇場版の入場者特典で配られた小説『この素晴らしい世界に祝福を!紅魔の里編』を原作としたものになっています。
内容は劇場版の後の話という位置づけです。
ですので、劇場版を見てからのほうが楽しめるかもしれません!

その他、詳細情報は公式HPを確認してみてください。

READPIA | READPIA
物語が聴こえる。

グッズ

内容の感想に行く前に、本公演のグッズを紹介したいと思います。
詳細は公式HPを見ていただきたいのですが、ここでは私が購入したものを紹介してきたいと思います。

壁掛け&スタンドピクチャーボード

まず紹介するのは壁掛け&スタンドピクチャーボード』です。

壁掛け&スタンドピクチャーボード

壁にかけることも、机の上に立たせることもできるピクチャーボードです。
イラストは朗読劇のイメージ画像ですね。
ネタバレすると、朗読劇最後の一幕のシーンになります。
種飛ばしをしているめぐみんがなかなか可愛らしいですね。

残念なことに、グッズ紹介は以上になります。
本当は『クリアファイル&複製台本セット』が欲しかったのですが、私はギリギリに着いたこともあり、すでに売り切れてしまっていましたorz
仕方なく、後日ネット注文したのですが、届くのは8月以降になるみたいです……

以上、グッズでした。

会場の様子

ここからはちょっとだけ会場がどんな感じだったかお伝えしていきます。
今回の会場は『ところざわサクラタウン』の『ジャパンパビリオンホールA』という場所でした。
以前、以下の記事で『ところざわサクラタウン』に行ったことをお伝えしましたが、そのときはホールBだったのでこじんまりとしていました。

今回はそれと比較するとかなりの人数が入ります。

会場入口のところには、しっかり朗読劇のポスターが張り出されていました。

イベントポスター

窓越しだったので、反射してしまいました……すみません。
こんな感じのポスターが何箇所にも貼ってありました。

入り口に入ってすぐには、以下のように各キャラクターの等身大パネルが飾られていました。

キャラクターパネル

なぜ全員水着なのか……
ちなみに、朗読劇の中には水着になるシーンはありません 笑
まぁ眼福なので良いでしょう。

このパネルの直ぐ側で物販が行われていました。
参加者しか入ってこないということもあるのでしょうが、長机が並べられているだけの結構シンプルな物販スペースでした。

そして、いよいよホールに入ると、端から端まで椅子が所狭しと並べられていました。
最前列も含めて、全席が埋まっているような感じでした。
その中で、私の席はほぼ真ん中あたりでした。
遠すぎず、近いわけでもないという感じです。
全体を見渡すにはちょうどよいところでした。

以上が会場の様子です。

ちなみにこの日は『ところざわサクラタウン』でよさこいのお祭りがやっていたらしく、無料でよさこいを見ることができました。
かなり本格的で、初めて生でよさこいを見ましたが、迫力満点でした。
気になる人は以下のイベントページを見てみてください。

サクラタウンよさこい2022 〜文月祭〜 | イベント情報 | ところざわサクラタウン
ところざわサクラタウン千人テラスで「サクラタウンよさこい2022〜文月祭〜」を7月3日(日)に開催します。

朗読劇の感想

ここからは実際の公演の感想をお伝えしたいと思います。
まず最初に言っておきます。

この公演、やべぇwwwwww

まず、私が生で見に行ったのは昼夜2回ある公演のうち、昼公演の方でした。
この昼公演、私は大爆笑でした。
出だしのところから吹き出しました。

最初に、雨宮天さん演じるアクアと稲田徹さん演じるぺこにゃんがマイクオフで雑談するシーンがあるのですが、その際に稲田さんが「元気ですかー!」「元気があれば何でもできる」「気合だー!」と何処かで聞いたことあるフレーズを連呼します。
それどころか、終いには最前列のお客さんに「今日はどこから来たんだい?」と話しかける始末www
これは笑わずにはいられません。
途中、高橋李依さん演じるめぐみんのセリフがあったのですが、そっちのセリフが全然頭に入ってきませんでした。
マイクオフで話しているにも関わらず、中央付近にいた私が気になってしょうがないほどだったので、前列の方たちは全く集中できなかったと思います 笑
ちな、当該部分のめぐみんのセリフは、後日アーカイブ配信でしっかり確認しました。

その他にもかなりアドリブが入ったシナリオで、おそらくツッコミ役の福島潤さん演じるカズマは頭をフル回転させていたと思います。
すばらしい即興力だった思います。

また、予定通りの演技の部分も、演者の皆さんすごかったです。
読みはもちろんですが、稲田さん、豊崎愛生さん、高橋さんは名乗りのシーンで、しっかり振り付けまでつけて演じられていました。
個人的には、豊崎さんのたどたどしい感じが可愛かったです。

あと、稲田さんは今回ぺこにゃんという役以外にも、かなりの数の脇役というか適役を演じています。
その演技が最高に面白かったです。
これは朗読劇であって朗読劇ではないという感じでした。
身振り手振りでのキャラクター表現が面白すぎました。
アフタートークで茅野愛衣さんが言われていたのですが、ダクネスが「見るなぁぁぁ」と稲田さん演じる敵に言うシーンでは、本当にまじまじと見られたらしく、結構戸惑ったみたいです。
ワイのかやのんになにしてくれとんじゃぁあ!と思わんでもなかったですが、それだけ演技にねつがはいったということで許します˘ω˘ )…

朗読劇の感想も溢れてしょうがないのですが、アフタートークも面白かったです。
前乗りした福島さん、雨宮さん、高橋さん、茅野さんの4人でやられたUNOの話や、直前まで豊崎さんが名乗りの振り付けを練習していた話や、7/2に稲田さんが誕生日を迎えた話など、話題が尽きませんでした。
まぁ、一番面白かったのは新作アニメ『この素晴らしい世界に爆焔を!』のティザームービーが、途中で終わったことでしたが 笑
このとき、映像に声あてをした豊崎さんが「もうちょっとあったよぉ……」と嘆いていたのは大爆笑でしたwww

とまぁ、昼公演だけでも話題が尽きないほどなのですが、これが夜公演と比較するとマジでヤバイです。
なんと、昼公演でも結構なアドリブがあったにも関わらず、夜公演は更にアドリブが増えていました!
増えていたというか、もうこれはエチュードだと思うくらい、即興演技が多かったです。
ちょっとメタ的な発言もあるようなアドリブで、昼公演と合わせて見るとものすごい面白さでした。
逆に、夜公演だけ見た人は、「なんだ、この朗読劇は!?」と衝撃を受けたことでしょう。
昼公演を見た私でさえそう思ったのですかから、間違いない! 笑
途中、雨宮さん演じるアクアを本当に一人ステージに残して、他のキャストが去っていったり、「アドリブ多すぎ」と突っ込んだ豊崎さんの発言にいじけて稲田さんが帰ろうとしたり、本当に目が離せない内容でした。

もうすでにアーカイブ期間は終わってしまいましたが、見た人は是非感想教えてくださいね!

以上、感想でした。

まとめ

いかがだったでしょうか?

本当に今回の朗読劇は、今まで見てきた朗読劇とは違うベクトルの衝撃を受けました。
こんなに自由な朗読劇があるのか!という感じでした。
正直、一番アドリブしていなかったのは茅野さんなのではないかと思います。
これは、いずれ届くであろうグッズの台本で確認したいと思います!

今回の朗読劇は、キャストのみなさんも楽しんでいたみたいで、Twitterでも数々の楽しそうな様子が投稿されました。

このメンバーの朗読劇は、ぜひともまた見たいです。
次回作をお待ちしております!

それでは、今回はこのへんで!
では、また次回(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

コメント