かやのみ#72「最高のペアリングを求めて!」レポート 日本酒ベンチャーの日本酒への追求が深い!

かやのみ
スポンサーリンク

「好きです……♡」

どうも、タナシンです(・∀・)ノ

今日も今日とて、飽きもせずにかやのみのレポートをしていきますよ!
先週まではバレンタインを雰囲気が残っていたかやのみですが、今回は完全な通常回です。
久しぶりに店舗に赴き、新しい出会いを演出しております。
詳しい内容をレポートしていきますよ!

ちなみに、前回のレポートは以下になりますので、ご興味のある方はお読みください。

そして、今回の動画はこちらになります。

かやのみ#72「最高のペアリングを求めて!」
かやのみ#72「最高のペアリングを求めて!」

今回の内容について

今回は店舗からお送りしている茅野さんです。

店舗からお送りする茅野さん

相変わらずの美人ですね!

というか、何でしょう。
今回の衣装はとても清潔感があるといいますが神秘的といいますか、なんか妖精っぽくないですか?私だけですかね?笑

そして、今回のお店は店前に亀がいるらしく、茅野さんも亀と仲良くしたいご様子。

亀に手をふる茅野さん

今回のお店は「赤星とくまがい」というお店です。
店員さんは赤星さんとくまがいさんらしいです。

何でも、赤星さんはよくお客からくまがいさんと勘違いされることが多いようです。
見た目が丸っとしているからですかね?なんとなくお客さんの気持ちがわかります 笑

ちなみに、店名はよく「赤くま」って略されることが多いようです。
赤くまなのにも関わらず、どうやら名刺を作るときにミスをしてしまったらしく、名刺の裏側にはしっかり白くまが印刷されているようです 笑

名刺裏側

まさかの色が反転wwwwww
でも、くまのイラスト自体はとても可愛いですね。
左上の「がぉー♪」というのが可愛さを際立たせていると思います。

今回の店舗である「赤星とくまがい」は、どうやら紹介されて訪問することになったようです。
紹介者は、自らも日本酒のベンチャー企業・ Forbulを経営されている「平野 晟也」氏です。

平野 晟也氏

イケメンやないかーい!

びっくりしました。
イケメンですね。
会社は2018年設立とのことで、まだまだベンチャーの中でも若い会社のようですが、日本酒にかける思いはすごく強いようです。
日本酒と料理のペアリングやマリアージュに非常に興味があるとのことで、「赤星とくまがい」と意気投合したようです。

赤星さんも非常に熱意のある人のようで、日本酒が好きすぎて蔵に入ろうと思った時があったようです。
ですがある人に、「人には役割がある」と言われ、自分の役割はペアリングに徹することだと思ったとのこと。
そして、そのペアリングのツールとして、Forbulのお酒を活かし、茅野さんに広めてもらいたいという思いのようです。

急に宣伝担当に任命された茅野さんは、思わぬ重役に身構えて苦笑いです 笑

思わず身構える茅野さん

まぁ、茅野さんなら大丈夫でしょう! 笑
適任ですよね!

ちなみに、Forbulが開発した日本酒「鷹ノ目」は以下のようなものらしいです。

Forbul開発「鷹ノ目」

こちらのお酒、何でもすごく人気みたいで、毎週5分で売り切れるようです。
そう言われると気になってしまいますよねー。
詳細は以下のForbulのHPをチェックです!

株式会社 Forbul (フォーブル)
日本酒ベンチャー株式会社Forbulのホームページです。日本酒に新たな価値を見出し、日本酒を国内、海外に広めています。

そんなお酒を広めるべく、茅野さんも気合を入れます。

気合を入れる茅野さん

ここで実際に飲む前に、赤星さんから茅野さんへ質問が。

「ペアリングとマリアージュという言葉が2つありますけど、どう捉えていますか?」

これに対して茅野さんは「マリアージュはそれぞれの一番良いところを認め合う感じがします」と返します。
茅野さんらしい解釈ですね。

一方赤星さんは「ペアリングという言葉は寄り添うという意味で使っています」とのこと。
言葉の意味としてはしっくりきますね!
私はあまりペアリングやマリアージュという言葉について考えたことはなかったのですが、前回までのかやのみで日本酒とチョコのマリアージュをやっていたこともあり、興味が出てきました。
奥が深そうです。
というか、日本酒という純日本のもに対して、ペアリングやマリアージュという外来語を当てている時点で、新しい概念ですよね。
もしかしたら、まだ明確な定義はないかもしれませんね!

そんなこんなありますが、いよいよ本日いただくお酒が出てきました。
白菊酒造さんの「備中あわ蔵」です。

白菊酒造「備中あわ蔵」

こちらはスパークリングのようです。
にもかかわらず、苦味があるお酒らしいです。
少し苦味がある方が、次への食指が進むとのことです。

というわけで、早速乾杯です!

乾杯する茅野さん

気になるお味は、甘すぎず、酸味が効いている味のようです。
食前酒として最適のようです。

そして茅野さんは立て続けにForbulさんの「鷹ノ目」も実食します。
実際に飲んだ茅野さんがこちら

鷹ノ目を飲んだ茅野さん

「好きです……♡」

とシンプルな一言 笑
あと、何でも香りがいくつもあって、しかも人によって多少感じ方が違うようです。
赤星さんはこの鷹ノ目を徹底的に分析し、合うペアリングを模索しているとのこと。

これには脱帽するしかないですね!
一つのお酒についてここまで徹底的に分析をしているなんてのは初めて見ました。
何がどんな味で何と合うのかを、経験的に知っている人は多いと思います。
ですが、このように明確に分析シートに落としている人が一体どれだけ要るでしょうか!?
素晴らしい執念です。

そして、その結果から導き出された今回の付け合せはこちらになります。

付け合せ

すっごい色鮮やかですね!
今回は酸味をメインに据えた味わいの付け合せのようです。
お花も食用とのこと。
中にはブリも隠れているらしく、ブリとイチゴを合わせて食べてほしいとのこと。
つまみ上げるとこんな感じです。

ブリ巻イチゴ

茅野さんも言っていますが、料理番組みたいですね!
気にになるお味は……

「すっごい爽やか……」

とのことです。
どうやら、ブリとイチゴは合うようです。
そのペアリングにもびっくりの茅野さんです。
もちろん、鷹ノ目との相性もバッチリのようです。
気になりすぎる……!

ペアリングはワインなどでもよく行われるものらしいですが、日本酒とワインだと結構違うようです。
どうやら、日本酒には旨味成分であるアミノ酸があるため、ペアリングの相乗効果が大きいようです。
全然知りませんでした。
これは勉強になります!面白い!
もちろん茅野さんも大絶賛。無限にイケちゃうようです 笑

ちなみに、こちらのペアリング中には和らぎ水は飲まないほうが良いようです。
味がリセットされてしまうとのことです。
なので、お酒や食事を変える合間に、お水を飲むのが良いみたいですよ!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はペアリングというテーマで、実際のお店に赴く回でしたね。
こちらの内容は次回にも続くようです。

それにしても、前回までのマリアージュといい、今回のペアリングといい、日本酒は奥が深いですね。
テキトーな日本酒をテキトーなおつまみで合わせている自分が恥ずかしくなってきました……
少し勉強しようかしら。

みなさんもぜひ試してみてください!
何も知らない私のような人間は、今回出てきた「赤星とくまがい」のような店舗に赴いて、おすすめを教えてもらうのも良いかもしれませんね。
こういうお店ってどれくらいあるのでしょうか?
調べてみたいと思います!

それでは、今回はこのへんで!
では、また次回(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

コメント

  1. […] かやのみ#72「最高のペアリングを求めて!」レポート 日本酒ベンチャーの日本酒への追求が深い!「好きです……♡」今日も今日とて、飽きもせずにかやのみのレポートをしていきま […]